乾燥肌に効果的なカンタンお勧めレシピ「サーモンのマリネ」

こんにちは、「乾燥肌お助けナビ」の高木です。

 

今回は、乾燥肌を中からケアできちゃうお料理!

作るのも簡単でとってもおいしいお勧めレシピをご紹介します。

 

それは、「サーモンのマリネ」です!

 

 

サーモンは、美容効果のある栄養素たっぷりの優秀な食材!

美容に敏感な人達の間では「スーパーアンチエイジングフード」と呼ばれている程

サーモンには、美容に効果がある栄養素がたっぷり含まれています。

 

さて、どんな栄養素が含まれているのでしょうか??

 

強力な抗酸化作用

鮭・サーモンのピンク色は「アスタキサンチン」といわれる天然の色素で

 

なんと!!!
ビタミンEの1,000倍の抗酸化力があります。

 

『抗酸化力は老化に繋がる「活性酸素」を増やさないはたらきがある』ことと

『お肌の水分量を増やし、皮脂の減少を抑える働きがある』ことから

アンチエイジング効果に期待でき、海外セレブが好んで食べているそうです。

 

また、メラニンの生成を抑制するはたらきもあり、美白効果に期待できるだとか!

 

ただし、「アスタキサンチン」は焼き過ぎてしまうと損失してしまう為
生で食べたり、ホイル焼きがお勧めです♪

 

豊富なビタミン類

身体にいいビタミンがまんべんなく含まれている栄養の塊!

特にビタミンDにいたっては、イワシ・さばの3倍、アジの10倍以上も含んでいるといわれています。

 

●ビタミンB2→肌荒れ改善
●ビタミンB6→生理痛の緩和
●ビタミンA →胃腸や気管支の調子を整える
●ビタミンD →骨粗鬆症を予防
●ビタミンB1→糖質の代謝を促し、燃やす働き

 

栄養素を壊さずおいしく食べられるレシピ

先ほどお伝えした通り、「アスタキサンチン」は焼き過ぎてしまうと損失してしまう為

 

今回は、、、

栄養素を壊さず、作るのも簡単でとってもおいしい『サーモンのマリネ』の作り方をご紹介!

 

お料理レシピサイト『クックパット』で詳しくご紹介されてますので、こちらを是非ご参考下さい。

 

スモークサーモンのマリネ

 

 

サーモンは、秋が旬な食材♪

今の時期がいちばんおいしい時期です。

今日の夕食の献立にいかがですか?

 

 

クレンジングで肌の状態がここまで変わる! 乾燥肌対策はまずクレンジングを見直すこと

 

こんにちは、「乾燥肌お助けナビ」の高木です。

 

今日は、乾燥肌対策にとってのクレンジングの重要性と選び方について説明したいと思います。

 

 

何故クレンジングが必要なの?

 

夜のクレンジングどうされてますか?

 

どんなに疲れていても、お化粧を落さないわけにはいきません。

 

そもそも、お肌の汚れはお化粧品ばかりでしょうか?

 

一日過ごした肌は、皮脂腺から分泌された油脂や汗腺から分泌された汗の成分、砂や埃など、化粧品以外の汚れも付着しています。

 

汚れたままの肌で一晩過ごした場合、肌へのダメージは相当なものです。

 

一日の汚れを落とさずに寝てしまった場合、十日老けるとも言われています。

 

十日老けた肌を元の肌の状態に戻すのは大変です。

 

その日の汚れはその日のうちにしっかり取り除き、キレイになった肌へ栄養分を与える事がターンオーバーを正常にし、乾燥肌を防ぐことへつながります。

 

 

クレンジングは何でも良いの?

 

クレンジングには、ジェルタイプ、クリームタイプ、泡タイプ、オイルタイプ、拭き取りタイプ等があります。

 

拭き取りタイプのものは簡単ですが、肌の摩擦がどうしても刺激となります。

 

疲れてどうしようもない時など、使用頻度は少ない方が肌への負担は減ります。

 

クレンジング力が強いものは汚れは良く落ちますが、肌への負担も増えます。

 

その上、洗顔石鹸でダブル洗顔をした場合、肌への負担は相当なのものになります。

 

クレンジング、洗顔により汚れだけではなく、大事な潤いまで取り除いていることになります。

 

できるだけ肌に優しく汚れを落としつつ、潤いは残す簡単なクレンジングが理想ですよね。

 

潤いを残すことが、乾燥肌を防ぐポイントになります。

 

クレンジング商品を見直て乾燥肌対策しませんか。

 

クレンジングの中には、汚れはきちんと落としダブル洗顔が不要なものもあります。

そんな理想的なクレンジングをご紹介します。

 

肌に優しいお勧めのクレンジングミルクはこちら リズプラベールクレンジングミルク

 

 

 

 

晩夏から初秋にかけての頭皮トラブル

こんにちは、「乾燥肌お助けナビ」の高木です。

 

まだじんわり気温の高い日もありますが

暑い夏も終わり、ようやく秋の気配が感じる季節になりましたね。

 

気持ちのいい過ごしやすい時期ですが

夏の紫外線を浴び続けた髪や頭皮は、お肌と同じく想像以上のダメージを受けています。

 

頭皮も顔も同じ!?この時期だから気を付けたいトラブル

四季の中で 「夏」 は暑くて汗もかくし、

皮脂の過剰などのトラブルも起きやすい季節ではあるのですが、

 

夏に受けたダメージは夏の終わりから発症してくることが多いのです!

 

それはなぜか??

 

夏のダメージを受けて

デリケートになっている髪や頭皮にとって

気温は下がったり、乾燥が気になる秋の気候は、とても厳しい環境です。

 

気温が急激に下がってきて空気が乾燥すると、血行不良に陥ってしまうこともあるのです。

 

夏のダメージを今取ることが乾燥肌・乾燥頭皮を防ぐ近道

なぜ、 「秋」 にケアすることが重要なのか??

 

大きく分けると以下2つ。

 

《1》
夏のダメージにより抜け毛が増える

《2》
気温が下がり空気が乾燥して、頭皮の血液の循環が悪くなる

 

 

一般的に「秋」は

 

・春から夏にかけて髪の毛の量が多くなる

・冬に備えて毛母細胞が入れ替わる

 

などといった理由から、四季の中でも、一番髪が抜けやすい時期と言われています。

 

しかし、、、

夏に受けたダメージをケアせずに放置してしまうと、冬に備えて入れ替わろうとする毛母細胞の機能が低下し、薄毛の原因となってしまうこともあるのです。

 

まとめ

夏に受けたダメージによって、秋に発生する「抜け毛」や「乾燥によるかゆみ」などを防止する為には

 

・自分に合ったシャンプーを使うこと

・適度に頭皮の保湿を与えること

・油っぽい食べ物を食べ過ぎないこと

 

など・・・。

 

夏に受けたダメージをケアして

頭皮環境を整えてあげることが大切です。

 

今日から、早速「頭皮のケア」やってみましょう!



時間がない方も必見!入浴中・入浴直後にさっと試せる♪美容オイルを使った簡単乾燥肌対策

こんにちは、「乾燥肌お助けナビ」の高木です。

 

日々のハードワークで家に寝に帰るだけの人や、
子育てなどで自身になかなか時間を使えない
人たちにとって、スキンケアに時間をかけることはなかなか難しい。

 

お風呂上がりに、化粧水を塗るだけで精いっぱい。

 

しかし、化粧水だけでは一時的な潤いにすぎず

 

水分の蒸発を防ぐための、フタを(油分)していないので、すぐに乾燥してしまいます。

 

そんな身体も心もお肌もお疲れな方におすすめ!

 

「簡単でリラックスできちゃう乾燥肌対策」をご紹介♪

 

蒸しタオルと美容オイルを使った簡単パック

今回、ぜひ使って頂きたい美容オイルは

 

どんな肌質でも使えるように、肌に合わせて変化するオイルが肌を潤してくれる《リズプラベール》

 

 

乾燥肌に着目して作られた『全く新しい感覚の美容オイル』です。

 

お肌の調子が良い時でも、悪い時でも、乾燥している時でも、そうでもない時でも、

 

1つで化粧水、乳液、美容液などの役割を果たし

 

疑似バリアを作り、水分を閉じ込めておくのが上手な成分がたっぷり入っているのです。

 

 

《蒸しタオルと美容オイルの簡単パック》

《1》
お風呂で洗顔し終わったお肌に
リズプラベールエッセンシャルオイルを顔にたっぷり塗布します。

 

《2》
塗布した上に、蒸しタオルを優しく重ねます。
オイルから柑橘系のさわやかな香りが漂い、疲れた心もリラックス♪

 

《3》
蒸しタオルで開いた毛穴から、オイル成分がぐんぐん浸透!

 

「水分」「油分」のバランスが整って、ふっくらとハリのある柔らかな肌仕上がりに。

 

《4》
朝のお手入れは、クレンジングミルクで洗顔後、

エッセンシャルオイルを少量手に取り、お水をたっぷりと含ませて、ご使用下さい。

たっぷりのお水を抱え込むオイルなので、お水は多すぎるかなと思う位が適量です。

 

→おすすめのクレンジングミルクはこちらから

 

 

「あれ?オイルなのにベタベタしない。」

 

「水を加えると、サラッとして軽い使い心地。オイルじゃないみたい!」

 

「オイル系は塗りたては、潤うけど持続せず、すぐ乾燥すると思っていたのに・・・。時間が経ってもしっとりしてる。」

 

 

今まで水分補給ばかりに着目していた人は、、、

この新しい感覚に「ハッ」とするかもしれません。

 

知ってほしい!保湿ケアの重要なポイント

保湿力を高めたいときは、保湿成分のクリームを使うのではなく、毎日のスキンケアを見直すことが大事です。

クリームを塗ってもそれは、一時的な潤いにすぎません。

 

水分と油分のバランスを保つ3ステップ

 

《1》お肌に優しい洗顔を心掛け

《2》油分でお肌に疑似バリアを作り

《3》肌本来が持っている水分の蒸発を防ぐ(乾燥による皮脂の過剰分泌を防ぐ)

 

これが、保湿ケアの重要なポイントです。

 

乾燥する季節の前に。ダメージを受けた夏のお肌に、秋冬に向けた保湿ケアを取り組もう!

こんにちは、「乾燥肌お助けナビ」の高木です。

 

夏の紫外線を浴び続けた肌は、知らず知らずのうちにダメージを受けています。

 

紫外線・汗・冷房による影響でダメージを受けた肌をそのままにした状態で
乾燥する季節を迎えると、立て続けにトラブル肌に見舞われてしまいます。

 

秋冬に向けて、ダメージを受けた夏の肌ケアして、肌を整える事がとても重要です。

 

秋冬に向けて、ダメージを受けた夏の肌に保湿ケアをしよう

猛暑が続いた今年の夏。

 

紫外線・汗・冷房など、、、

過酷な環境を乗り越えた肌には
しっかり保湿をして、お肌を労わってあげましょう。

 

「お肌を保湿する」

 

今までたくさん耳にしたフレーズ。

 

化粧水をたっぷりつけて乳液や美容液を使って保湿する。

 

こういうケアを行う方が大半なのではないでしょうか。

 

しかし、この方法。

お肌の表面にスキンケア商品がのっかっているだけ。

実は、保湿はできていません!!

 

せっかくケアをするなら、正しい保湿ケアをしてみませんか?

 

まずは、お肌の保湿力を向上させる

 

保湿系商品をたっぷり塗るだけのケアを見直し
お肌内部にしっかりと潤いが届き、保湿力を向上させる方法を一緒に試してみましょう♪

 

その1
保湿成分の浸透を高めるための洗顔

 

過度な洗顔はNGです。

 

ぬるま湯を使い、お肌に優しい成分の洗顔料で、自分の顔を優しく包み込むように洗いましょう。
お肌を拭き取る際は、ポンポンとタオルを優しくあててあげましょう。

 

市販の洗顔料は、界面活性剤が含まれる為、保湿の観点ではマイナスです。
お肌への負担が少ないおすすめのタイプは、ジェル状・ミルク状・クリーム状です。

 

使用の際は、自分に合った洗顔料を選びましょう。

 

その2
お肌が本来もっている水分量をキープする

 

せっかく、お肌に優しい洗顔を心掛けても
このステップで誤った保湿のやり方をしたら意味がありません。

 

いつも何気なく行っている保湿には、見直しが必要かも!

 

化粧水を過度にバシャバシャ使うやり方は、乾燥につながるリスク大です。
また、コットンでパタパタたたくことも、やり方によってはマイナスとなってしまいます。

 

その理由は、必要以上に水分が蒸発して乾燥を促進してしまうから。

 

では、どうしたらいいのか・・・。

 

その答えは、

今ある肌の水分をこれ以上蒸発させないよう
油分でバリアをして過剰な皮脂分泌を抑える。

 

これが、今あなたが真っ先にやるべき保湿ケアなのです!

 

バリア機能に着目した美容オイルを使った新しい保湿

お肌は、許容量を超える水分や油分は保つことができません。

 

だから、”与える”ではなく、”逃がさずキープ”することに着目した

 

美容オイルを使った新しい保湿

 

を試してみませんか?

 

おすすめの美容オイル「リズプラベール」

 

どんな肌質の人でも使えるように
5つの天然オイルをブレンドされていて
お肌の濡れ具合によって使用感が変わる不思議な美容オイルです。

 

洗顔直後、少し水分が残っているお肌に
手のひらで乳化したエッセンシャルオイルを顔全体に馴染ませる。

 

他の化粧品との併用も可能ですが、、、

これがおすすめの使い方。

 

えぇ?保湿にオイル?
乳化?
ただ、ベタベタするだけでしょ?
ホントに乾燥肌が潤うの?

 

たくさんはてなマークが浮かぶあなたにこそ

 

一度、是非試してほしい「オイルを使った新しい保湿習慣」なのです!

 

まとめ

保湿力を高めたいときは、保湿成分のクリームを使うのではなく、毎日のスキンケアを見直すことが大事です。

クリームを塗ってもそれは、一時的な潤いにすぎません。

 

《1》お肌に優しい洗顔を心掛け

《2》油分でお肌に疑似バリアを作り

《3》肌本来が持っている水分の蒸発を防ぐ

 

水分と油分のバランスを保つ3ステップ

 

これが、保湿ケアにはとても重要なことなのです。

 

 

今日のお風呂から早速実践!お肌に優しい入浴時の乾燥しない洗い方とは?

こんにちは、「乾燥肌お助けナビ」の高木です。

 

みなさんは、いつもどのように身体を洗っていますか?

 

意識して洗った事なんてないから、急に言われても・・・。
なんて、思う方も多いのではないでしょうか。

 

意外と見落としがちな身体の「洗い方」

 

意識して洗うことによって、お肌に優しい乾燥しない洗い方になるのです!

 

身体を洗う道具、何を使っていますか?

身体を洗う道具として、思う浮かぶものは

 

スポンジ・タオル・ミトン・ボディブラシ・ボディタワシ・ボディ用泡立てネットなど

 

様々な種類がありますよね。

 

使う道具を選ぶ時、何を基準に選んでいますか?

 

肌触りですか?

素材ですか?

それとも、泡立ち重視のものですか?

 

お肌の調子や好きな洗い方によって、選び方が様々だと思いますが

 

一番お肌に負担のかからない優しい道具は

 

実は、あなたの『手』なのです!

 

今日から実践すべし!お肌に優しい身体の洗い方 -4か条-

その1
洗う前にかけ湯をたっぷりすべし

なぜ身体を洗う前にかけ湯が必要なのか?

それは、お肌表面に付着している汚れなどを落としやすくなるから。

 

その2
温水の温度を気にかけるべし

なぜ気にかける必要があるのか?

それは、熱い温水は必要以上にお肌の皮脂を流してしまうから。

これが原因で、肌が乾燥しやすくなってしまうからです。

 

その3
身体は手洗いにすべし

なぜ身体を洗う道具に手がお勧めなのか?

それは、肌を痛めないから。

 

『肌を痛める』ということは乾燥させてしまうということ。

 

乾燥してしまう。

 

つまり、顔と同様、お肌のバリア機能が低下して、シワやシミができやすくなります。

 

その4
身体は最後に洗うべし

なぜ最後に洗うのか?

それは、シャンプーやコンディショナーなどの成分が、すすぎの際に背中などに付着してしまうことがあるから。

これが原因で、毛穴に汚れが詰まったままになってしまうことがあるからです。

 

まとめ

キメの整ったすこやか肌の為には

摩擦刺激の強いボディタオルなどの使用は避け
温水の温度を気にかけながら

 

『手』を使い

 

たっぷりの泡で優しくクルクルと円を描くように洗うことが大切です。

 

手で洗うのには抵抗があるという方は、やわらかい素材のものを選ぶといいでしょう。

 

素手でたっぷりの泡を作るのは難しいので

 

『ボディ用泡立てネット』を使い、泡を作ってから『手』で洗う。

 

この組み合わせが、おススメ!

 

美は1日にしてならず、、、

是非、今日のお風呂から早速お試しください♪

 

乾燥肌とニキビの関係。バリア機能を高めてニキビに負けない肌を

こんにちは、「乾燥肌お助けナビ」の高木です。

 

ニキビができてしまう理由はいくつかの原因考えられます。

しかし、どの原因にもバリア機能が低下したお肌がベースとなっていることを知っていますか?

 

バリア機能が低下したお肌とは??

 

それは、、、

 

乾燥肌です。

 

乾燥肌になると、なぜニキビになりやすいのか?

お肌が潤った健康な状態とは、
紫外線などの外部刺激から守るための肌内部の水分が充分に保たれている状態です。

 

しかし、肌内部の水分量が不足していると
これ以上、お肌を乾燥させないように皮脂を分泌させてお肌を保護します。

 

一見、潤っているようにみえますが

 

ただ、過剰な皮脂分泌を繰り返しているだけ。

 

この『過剰な皮脂分泌』が、、、

 

のちに、ニキビの原因のひとつになってしまうのです。

 

《乾燥肌からニキビになる過程》

より乾燥が進むとお肌の角質がより一層厚くなる

古い角質が溜まって毛穴に詰まる

過剰に分泌した皮脂と混ざり合って角栓ができ、ニキビになる

 

という負のスパイラルに陥っているのです。

 

乾燥肌ニキビの対策ポイント

大事なことは、

「水分量」「皮脂量」のバランスを整えること。

 

要するに、、、

 

低下したバリア機能を高めるための保湿ケア

 

今ある肌の水分をこれ以上蒸発させないよう
油分でバリアをして過剰な皮脂分泌を抑える。ことが大事なのです!

 

ただ、化粧水をつけ、保湿成分の高いクリームをつけるだけでは、一時的な潤いにすぎません。

 

そして、自分にあった保湿対策をすることはもちろん、食生活や生活習慣も見直す必要があります。

 

脂っこい食事やストレスの多い環境やエアコンで空気が乾燥した部屋は、乾燥肌の大敵です。

 

一度乾燥肌になると、、、
バリア機能が低下したお肌を元に戻すのはとても時間がかかります。

 

食生活や生活習慣を改善することは
なかなか難しいですが、できることを少しずつ行うだけでも随分違います。

 

自分の肌タイプに合った正しいケアをしながら
体の「外」と「中」から、水分をお肌の内側までしっかり届けましょう。

 

しっかり食べて中からお肌にアプローチ。キレイになるカンタンお勧めレシピ【野菜ピクルス】

こんにちは、「乾燥肌お助けナビ」の高木です。

 

秋の気配を少しずつ感じるも、まだまだ残暑が続く今日この頃。

 

夏を頑張って乗り越えたお肌や体は、少しお疲れ気味かも。

 

そんな時は、お酢で漬け込んださっぱり野菜ピクルスで、中からお肌へ栄養補給しませんか?

 

ピクルスは、万能食品として昔から欠かせない食料だった

ピクルスの歴史を調べてみると
歴史は非常に古く、、、
なんと約4000年前には、メソポタミア南部で
現在親しまれているピクルスが既に作られていたそうです。

 

当時は、冷蔵技術のなかった為
野菜のビタミン類をたくさん摂れる保存食として貴重な食糧だったそうです。

 

お好みの野菜をお酢に漬け込むだけの手軽さや
お肉やチーズとの相性もいいことも魅力のひとつだったとか。

 

昔から人々に好まれているピクルスには
お肌や体にいい栄養がたっぷり含まれています。

 

ピクルスには豊富な栄養がたっぷり詰まっている

漬け物の西洋版「ピクルス」

 

「お酢」+「野菜」の組み合わせで、より栄養満点は食材になるのです!

 

それではピクルスの栄養素をご紹介!

 

◆美肌・美白に効果的といわれるビタミンC
ピクルスの液にもビタミンC溶け出しているので、一緒に摂取するとより効果的。

 

◆疲労回復に効果的なクエン酸
以前から疲労回復やダイエット効果が注目されているが、活性酸素を除去する働きも期待大。

 

◆腸内環境を整える食物繊維
便秘解消に効果があり。

 

◆植物性乳酸菌が豊富
免疫力をアップさせたり、整腸作用があり、便秘の解消に効果的。

 

◆お酢の抗菌作用
抗菌作用があり、デトックスを促進して利尿作用によりむくみが解消。

 

でも、食べ過ぎには注意が必要!

お肌や体にいい栄養素がたっぷり入っているピクルスですが、塩分や砂糖なども含まれているので
食べ過ぎは要注意です。

 

余計な添加物なども入っていないのが
適量を食べて、中からお肌にキレイをアプローチしましょう。

 

野菜ピクルスの作り方

ビタミン豊富な旬の野菜とお酢で、栄養満点の手作りピクルスを作ってみませんか?

 

お料理レシピサイト『クックパット』で詳しくご紹介されているレシピをご紹介♪

 

彩り野菜のピクルス

 

自分好みの味に調節して作ってみるのもあり!

ぜひ、お試しください。

 

お酢を飲んで美肌に?毎日の生活にお酢を取り入れて健康なお肌へ!

こんにちは、「乾燥肌お助けナビ」の高木です。

 

疲労回復や美肌作りに、お酢が密かに注目を集めているって知っていましたか?

 

噂では、毎日の食生活に取り入れているハリウッドセレブもいるのだとか。

 

調味料で使うことを多い「お酢」

 

ちょっといつも違う使い方で、健康的な美肌作りに役立ててみませんか?

 

うれしい効果がたくさん!お酢の美容パワー

「お酢」には、美容に効果がありそうな栄養素がたくさんあって魅力的♪

 

◆美肌・美白に効果的といわれる「ビタミンC」

 

◆代謝を促進する働きや疲労回復に効果があるといわれる「クエン酸」

 

◆コラーゲンを生成をサポートするといわれる「アミノ酸」

 

◆メラニンを除去する働きがあるといわれる「シスチン」

 

さらに、お酢には血液をサラサラにしてくれる効果もあります。

 

お酢を飲んで美肌に効く栄養素を摂取しよう!

「摂取量」

目安は、1日15mlから30ml
体にいいからと、たくさんとる必要はありません。

 

「摂取タイミング」

空腹時を避け、食事中や食後に摂取しましょう。

 

「おすすめのお酢は黒酢や果実酢」

穀物酢や米酢は酸味が強いので、あまり向きません。

 

飲む際の注意点

お酢は、空腹時に摂取すると胃が荒れてしまいます。

 

寝る前の摂取も口に残ったお酢の成分が
歯のエナメル質や歯の色に影響を与えてしまうので避けましょう。

 

また、摂取直後のハミガキもよくないので
口の中にお酢の成分が残っていないことを確認して、歯を磨くようにしましょう。

 

暑さで疲れた体とお肌へ。キレイに元気になるカンタンお勧めレシピ【オクラの豚肉巻き】

こんにちは、「乾燥肌お助けナビ」の高木です。

 

今回は、連日の暑さと紫外線で疲れた体とお肌に効果抜群!!
それでいて作るのも簡単なお勧めレシピをご紹介します。

 

それが、オクラの豚肉巻きです!

 

オクラがおすすめな理由 その1

実は、あのオクラの『ネバネバ』に秘密がかくされています。

 

オクラ特有のネバネバの中には、食物繊維がたっぷり。

 

この食物繊維が、糖の吸収を穏やかにしたり、胃粘膜を保護してくれるそうです。

 

また、腸内環境を整えてくれるので便秘を解消する働きも期待できます。

 

オクラがおすすめな理由 その2

多くの女性を悩ませるお肌のトラブル。

 

オクラは、荒れたお肌に効果が期待できる栄養素がたっぷり。

 

βカロテンは、茹でると・・・。

なんと、生のトマトの約1.3倍、レタスの約3倍にもなるらしい。

 

また、ビタミンB群も豊富に含まれていて
新陳代謝を促し細胞を再生してくれる働きがあります。

 

肌荒れ改善の強い味方です!

 

オクラの豚肉巻きの作り方

作り方はいたって簡単!

お料理レシピサイト『クックパット』で詳しくご紹介されてますので、こちらを是非ご参考下さい。

 

 

オクラを豚肉で巻いて甘辛く♪『オクラの肉巻き』

 

 

オクラには美肌、健康にか欠かせない栄養素がたっぷり含まれています。

 

ぜひ一度お試下さい♪