何となく汚れが取れる気がしてゴシゴシと洗ってしまいがちな洗顔。特にメイクを落とす際にクレンジングミルクなどを使いつつも、強力に洗い流そうとして、石けんでゴシゴシと洗ってしまうことはありませんか?しかし、これでは乾燥肌や敏感肌といった肌トラブルを招いてしまいますので、こちらでは洗顔の際に注意したい点をご紹介いたします。

洗顔前は手洗い・温度・回数に気をつけて!

洗顔前は手洗い・温度・回数に気をつけて!

洗顔料やクレンジングを使う前は、必ず「手洗い」をしておきましょう。日中、私たちは様々なものに触れています。手洗いをせずにいきなり洗顔を始めてしまうと、その手から雑菌が顔に移ってしまうことが考えられます。

また、お肌はお湯よりぬるま湯で洗うことも大事です。お湯で洗うと「洗い上がりがさっぱりして気持ちいい」「W洗顔不要になるからやめられない」という意見もありますが、温度が高すぎると必要な分の皮脂まで取りすぎてしまい、お肌が乾燥しやすくなります。冷たすぎる水も毛穴を開かせることができないため、だいたい30~34度くらいの温度がおすすめです。

そして1日に何度も洗顔するのもNGです。お肌に必要な皮脂を取りすぎてしまい、乾燥の原因になることがあります。洗顔は朝と晩、1日2回までにしましょう。

ゴシゴシ洗いは絶対にNG!洗顔中に気をつけたいポイント

ゴシゴシ洗いは絶対にNG!洗顔中に気をつけたいポイント

お肌に負担がかかる力加減や長々と洗う方法は絶対にNGです。この洗顔方法では、お肌を痛めてしまうことにもつながります。また、洗顔料自体の持つ刺激でお肌にダメージを与えてしまうのを防ぐため、洗顔料はしっかりと泡立ててから、優しく洗うようにしましょう。

手のひらの上にたっぷりの泡をつくってから、お肌に乗せるのがポイントです。手で洗顔料を泡立てるのが難しい場合は、ネットを使うとキメ細かい泡をつくれます。

洗顔料をすすぐ際も、ゴシゴシとお肌をこすってはいけません。たっぷりのぬるま湯を使って、泡をきれいに落としましょう。鼻の下、あご、目元、まぶた、おでこのキワなど、すすぎ忘れにも注意してください。洗顔料が残っていると肌トラブルの原因になりかねません。

洗顔後は水気を拭き取るように優しくタオルをあてる

洗顔が終わった後も油断をしてはいけません。最後にタオルで水気を拭き取る際も、ゴシゴシと押し当てては水の泡。洗顔時のダメージを軽減したにも関わらず、仕上げのタオルでお肌に摩擦を与えてしまうのは、あまりにももったいないことではないでしょうか?

吸水力があり、お肌に優しいフェイスタオルを用意して、少しだけ肌に押し当てるようにして水気を拭き取ると、お肌に刺激を与えることなく拭き上げることができます。

お肌に優しい洗顔を意識するのでしたら、タオルで拭くところまでこだわりましょう。

スキンケアの第一歩として洗顔料にこだわりたい方は、W洗顔不要のクレンジングにもこだわってみませんか?

オンリーワン株式会社では、W洗顔不要のクレンジングミルクを扱っています。

汚れはしっかり落とすけれど、美容液のようなクレンジングミルクとなっていますので、ご希望の方はぜひお試しください。

W洗顔不要のクレンジングミルクで肌を優しく洗い上げる

会社名 オンリーワン株式会社
住所 〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1467−9
電話番号 045-777-2891
営業時間 9:00-17:00 (平日)
URL https://rizpravail.com/