スキンケアは、年齢による肌の悩み、肌の状態に合わせて丁寧に行うことがポイントです。そのためにもまずは、肌の健康を保つことと大きく関係している「ターンオーバー」についてしっかり理解する必要があります。年齢肌とも関係のあるターンオーバーとはどのようなことなのか、その仕組みを解説します。

ターンオーバーの基礎知識

ターンオーバーの基礎知識

ターンオーバーとは、3層から構成される肌の一番外側の層「表皮」の新陳代謝のことを意味し、この過程を「角化」と呼んでいます。肌が新しく生まれ変わる仕組みのことで、新しい細胞が作られてから剥がれ落ちるまでを、一定の周期で繰り返すのです。

この一定の周期というのは、年齢や肌の状態により個人差があります。目安として30代は40日前後、40代は55日前後、50代は75日前後、60代は100日前後といわれています。年齢を重ねると、肌細胞の働きが衰えてターンオーバーの周期も長くなる傾向にあり、年齢肌を強く感じるのです。

ただ、加齢だけが原因というわけではなく、生活習慣の乱れやストレス、間違った洗顔などもターンオーバーの乱れに繋がります。ターンオーバーが乱れると肌のくすみやしわ、乾燥などに繋がるため、肌トラブルに悩む方はまず丁寧なスキンケアと生活習慣の改善を心がけてください。

ターンオーバーの仕組みを解説!

ターンオーバーの仕組みを解説!

ターンオーバーの仕組みを理解するためにはまず、肌の構造を知ることからです。

肌を構成する層

肌は、大きく分けて以下の3層で構成されています。

  • 表皮…一番外側にある皮膚の表面とその付近一帯を指し、外部の刺激から肌を守っている層
  • 真皮…表皮の下に位置し大部分をコラーゲンが占め、ヒアルロン酸が点在している層
  • 皮下組織…真皮の下に位置し肌へ栄養を届けるための動脈や静脈が通っている層

このうち、一番外側の表皮でターンオーバーが行われます。

表皮の役割

ターンオーバーは表皮を構成する以下の4層の中で行われます。

  • 角質層
  • 顆粒層
  • 有棘層
  • 基底層

表皮の1番下にある基底層で新しい細胞が生まれ、細胞分裂するたびに、有棘層、顆粒層と押し上げられて、肌表面の角質層まで届きます。そこで一定期間とどまり、役割を終えたら剥がれ落ちていくというのがターンオーバーの仕組みです。

ターンオーバーは本来、一定の周期で繰り返すものですが、加齢をはじめ様々な理由で乱れてしまいます。紫外線や乾燥などで肌が刺激を受けることでも乱れてしまうため、丁寧なスキンケアを行うことが大切です。

肌の乾燥は保水力が低下していることが原因であり、乾燥を防ぐには角質層を育むための保湿ケアがポイントになります。

保湿ケアの基本は、化粧水と乳液を肌のすみずみまで行き渡らせることです。リズプラベールのエッセンシャルオイルは水分と合わせることで、化粧水や美容液、クリームの役割を果たします。

エッセンシャルオイルでありながら、水分量を調整することで使用感を変えられるのが大きな特徴です。乾燥しがちな年齢肌にもしっかり保湿感をプラスし、角質層を育むスキンケアができます。

マルチユースのオイルでありながら、手持ちの化粧品とも併用できるのがリズプラベールのエッセンシャルオイルの魅力です。

年齢肌のスキンケアにリズプラベールのエッセンシャルオイルを

会社名 オンリーワン株式会社
住所 〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1467−9
電話番号 045-777-2891
営業時間 9:00-17:00 (平日)
URL https://rizpravail.com/